結婚式二次会の準備

頼れる幹事さんをお願いして、二次会成功へ!

結婚式の二次会は、披露宴に呼べなかった友人や仲間を招待して、リラックスした雰囲気で楽しむ披露パーティ!新郎新婦は、結婚式や披露宴、新生活の準備が忙しくて、つい二次会の準備が後回しになりがちです。そのため、まずは「頼れて安心」の友人に早めに幹事をお願いしましょう。一緒に準備を進めてもらうことが二次会を成功させるポイントです。

結婚式の二次会は、披露宴に呼べなかった友人や仲間を招待して、リラックスした雰囲気で楽しむ披露パーティ

二次会会場の手配

披露宴会場が決まったら、すぐに!

人気会場は3~4ヶ月前に決定を。
結婚式シーズンや年末年始などの宴会シーズンは、人気会場からどんどん予約が埋まってしまいます。披露宴が決定したら、結婚式の準備と同時に進め、早めに見学にいくことがおすすめです。希望の雰囲気や披露宴会場からの交通アクセス・ゲスト人数など、条件を絞り込んで二次会の会場をピックアップしましょう。貸切ができるカフェ・バーや料理のおいしいレストラン、大人数でも対応してくれるホテルの宴会場などが人気です。


実際に足を運んで、決定しよう!

交通アクセス、オシャレ度、料理内容などしっかりと確認を。
結婚式の準備で忙しくても、気になる二次会会場には足を運んで検討しましょう。会場の広さや雰囲気・料理の内容など、しっかりと確認してから決定したいですね。その他、貸切時間やNG演出があるか?などサービス内容も確認しておくと安心です。

line細_700.png

二次会の準備スケジュール

二次会と言っても、ゲストのリストアップや、会場手配、招待状を送る、演出を決める…など、準備は意外と多いもの。準備段階で幹事さんにお願いすることがあれば、早めに!しっかり話あって役割分担して進めましょう。

結婚式二次会の準備:会場手配、招待状を送る、演出を決める

二次会:3~5ヶ月前

  • ○幹事さん・受付をお願いする
  • 当日の仕切りはもちろんですが、二次会の準備から協力してもうため、長年の親しい友人や頼れる方にお願いすると良いでしょう。幹事さんの仕事は多く、1人では大変なので2~4人は確保したいところです。準備期間を考えると最低3ヶ月前には依頼しましょう。
  • ※二次会プロデュース会社の利用を検討する際も、この時期から始めましょう。
  • ○二次会のゲストをリストアップ
  • 人数をカウントする際に、仕事の都合などで参加できないゲストもいるため、少し少なくなると予想しておくと良いです。
  • ○会費・予算、二次会のスタイルを決める
  • 女性・男性の会費を設定して、それに合わせた予算を考えておきましょう。また、ゲストとゆっくり会話を楽しむ二次会にするのか、余興中心の盛り上がる二次会にするのかなど、パーティスタイルも絞っておくと二次会会場をピックアップしやすくなります。
  • ○二次会の会場を予約しよう!
  • ゲスト人数、予算、希望する二次会のスタイルに合った会場をピックアップし、実際に下見に行きましょう。幹事さんも一緒に行けると、ベストです。会場のレイアウト、貸切の時間、スクリーン、音響、景品等の持ち込み、その他演出にまつわるサービス内容も確認してから決定するようにしましょう。
  • ○二次会ドレスの検討
  • 新郎新婦は、二次会で着用するドレス・タキシードの検討もこの時期に。結婚式シーズンは、二次会会場と同じで人気二次会ドレスは予約が埋まってしまいます。早めにドレスショップに足を運び衣装も決定しましょう。
  • セパレートドレスなど多数の二次会ドレスが揃う「ドレスベネデッタ表参道店」

結婚式二次会にはコンパクトな二次会ドレスがオススメ

二次会:1~2ヶ月前

  • ○二次会招待状の発送と出欠席の集計
  • 二次会の招待には、メールやSNSを利用することも多いようです。二次会全体で使えるお金を管理するためにも、人数管理は重要です。
  • ○二次会の演出・企画の打合せをする
  • 新郎新婦・幹事で打合せをし、準備する物の役割分担や余興の企画を進めましょう。

二次会:7~3日前

  • ○二次会ゲストの出席人数確定
  • ゲストの人数確定・名簿作成を行ない、最終の人数を二次会の会場に連絡しましょう。
  • ○備品の購入・準備
  • 二次会当日に必要な景品、クラッカーやメッセージカード、パソコンやCDなど必要なものを分担して準備しましょう。受付で必要な筆記用具や電卓なども忘れずに!
  • ○二次会当日の役割分担
  • 余興の準備、会費を集める人、名簿のチェックをする人、ゲストを席に案内する人などを前もって決めておくと当日バタバタすることなく進行できます。